• PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle

【二次募集】『信州みよたクラインガルテン大星の杜・面替』 平成29年度ガルテナー(利用者)募集のお知らせ

信州みよたクラインガルテン大星の杜・面替について

【御代田町の地勢】
レタス畑と浅間山上信越高原国立公園にも指定されている日本屈指の名山「浅間山」。
その南麓に広がる御代田町は、長野県の東部に位置し、東は軽井沢町、西は小諸市、南は佐久市、北は群馬県嬬恋村に接する標高800メートル前後、人口約15,000人の自然豊かな高原の町です。
北陸新幹線及び高速自動車国道関越自動車道上越線(上信越自動車道)並びに中部横断自動車道など高速交通網の発展と共に首都圏を中心とした都市部とのアクセス性が高まり、移住、観光、交流人口の増加が期待されています。
また、佐久市や小諸市、軽井沢町などのそれぞれ特色ある市街地にも近く、町立図書館、各種運動公園等の文化施設、地域医療に根差したクリニックや総合病院等の医療機関も整い、自然環境と利便性に恵まれた暮らしやすさが特徴です。
加えて、典型的な内陸性気候を示す高燥冷涼地にあるため、気温の格差が大きく、四季折々の自然の変化に出会うことができます。また、年間を通して降水量が少ないことから晴天が多く、気候や標高を活かしたレタスなどの葉物野菜を中心とした県内有数の高原野菜の産地として位置づけられています。

【クラインガルテン周辺の地域概況】
10クラインガルテンが位置する「御代田町面替(おもがえ)地区」は、町の南西部を流れる一級河川「湯川」の左岸段丘上にあり、南は佐久市との市町界となる平尾山(1,156m)から森泉山(1,136m)へと至る東西の山系を背に、約40戸が肩を寄せ合う様にして暮らす里山集落で、昨今集落内人口の減少が著しく、限界集落化が懸念されています。
湯川を隔てて、町の南端に位置する面替地区は、長い年月をかけて形成した独特の「田切地形(たぎりちけい)」が冷涼な風を運ぶと露切峡から集落へ東西の谷風が走り、湯川の清らかな水が田畑を潤せば秋には黄金色の稲穂の波。ホタルやゲンゴロウ、ミズオオバコやイチョウウキゴケ等の絶滅危惧種に指定されている動植物を始め、フクロウやノスリ等の希少猛禽類も多く生息する自然豊かな環境が特徴的な地域です。
加えて歴史的にも古くから続く村で北国街道や中山道の裏道として、佐久市の横根から面替、豊昇、茂沢を抜け入山峠を越え群馬県松井田に至る裏街道、通称「日影通り」に沿って集落が形成し、多くの旅人や行商がこの道を利用したそうです。
また、近世には日影通り十ヶ村の中馬総代の村が面替にあったとされ、当時の陸上運輸手段における重要な拠点であったと云われています。現在でも、当時の旅路の安全を祈った不動明王尊が村社「大星神社」を臨む古道筋より行き交う人の安全を見守ってくれています。
また、クラインガルテンが立地する面替地区大星地籍は、「大星神社」に隣接する面替地区の中でも高台の場所に位置していることから、北にそびえる雄大な浅間山を臨む眺望はここだけにしかない魅力の一つで、特に春から初秋にかけての夕暮れ時は、写真では伝えることのできない自然の美しさを感じることができます。
P4061376

【クラインガルテンの施設概要】
クラインガルテン整備にあたって
DSC_9693御代田町の人口は、緩やかな増加傾向を維持しているものの、地区ごとの現状としては、面替地区のような農村地域における過疎化や限界集落化が懸念されています。こうした課題に取り組むべく、昨今の都市からの地方への移住・定住や家族層の週末農業・農村生活体験など「田舎暮らし・農業体験・農村交流」をキーワードとしたニーズを活用し地域の活性化に結びつけ、都市住民の方と農村地域の住民による農業体験等によって限界集落化が進む地域に新たな人の流れを作り、交流人口の創出や移住・定住の促進を目的に、国の農山漁村活性化プロジェクト支援交付金を活用し「滞在型市民農園 信州みよたクラインガルテン大星の杜・面替」が平成27年7月より開園をいたしました。
クラインガルテンは、佐久スマートインターチェンジから車で約10分の距離というアクセス性や既存の農村交流活動、地域おこし活動等の実績を踏まえ、かつ周辺を取り巻く山や川、森林、田畑などの里山自然環境を面的に活用するため、面替地区大星地籍の大星神社に隣接する形でラウべ(簡易宿泊施設付き専用農園)8区画、交流施設1棟、共同農機具置場1棟、共同菜園1区画が整備されています。

◆ ラウべ(簡易宿泊施設付き専用農園)
DSC_9681木造平屋建てのラウべは、縁側から直接菜園に出入りする田舎の習慣をコンセプトに、農をより身近に体験していただくため、専用農園と滞在空間とをダイレクトに繋ぐ無駄の無い素朴な造りが特徴です。農作業後のひと時や自然の中で農村体験を味わう時間にぴったりの省スペース設計となっています。



床面積 :34.5㎡
設 備 :電気、地上デジタル放送受信機器、ガス、上下水道、配線及び配管済み
附属機器:照明、エアコン
※ガスコンロ、冷蔵庫、テレビ、洗濯機等、その他必要な家電機器は使用者が搬入、設置してください。
専用農園:約120㎡
管理機、鍬、鎌、スコップ類、刈払い機等は、共同農機具置場に収納されています。
※共同農機具以外の農機具は、使用者が農機具及び農業用資材等を調達し個人管理の元使用してください。

ラウベ間取り図

◆ 交流施設
DSC_9698 DSC_0007交流施設は、地域住民とガルテナー(ラウべ利用者)が体験イベントや交流事業をとおして一層、交流を深めていただくための空間です。浅間山を望む開放的な空間となっており、ガルテナーの御友人や御家族など複数の方が農作業で汗を流した際などに対応できるよう浴室も完備しているほか、調理設備、土間仕立てのエントランスから大小2つの広間に仕切られ、四季折々の山の幸や収穫された地元農作物を使った食の交流会や、蕎麦打ち体験、しめ縄作り体験などのガルテナーと地域住民による様々な交流イベントが行われています。

平成29年度 ガルテナー(ラウべ使用者)の募集について

IMG_20160503_093849 御代田町産業経済課農政係では、信州みよたクラインガルテン大星の杜・面替の平成29年度ガルテナーを募集しています。
募集は毎年行われますが、応募者多数の場合はラウべに空き区画が出るまで待機者としてお待ちいただくこともありますので、予めご了承ください。
また、クラインガルテンは、賃貸型の別荘ではなく滞在型市民農園です。農業体験や農村体験、地域の方との積極的な交流を目的とする方が御利用いただく施設ですので、募集にあたっては一定の要件を設けています。都会には無い自然の魅力や里山の風景、農作業体験や農村交流をとおし、田舎を身近に感じてみてはいかがでしょうか。募集内容の詳細については、必ず「募集要項」を確認のうえご応募ください。
H29年度募集要項(pdf 1,748kb)

ガルテナー募集期間

【一次募集】平成29年1月10日(火)~2月20日(月)
 ※ 一次募集は、終了いたしました。

【二次募集】平成29年2月21日(火)~ ※ 現在、二次募集中です!
 募集区画数:1区画(ラウベ「ななかまど」)
 募集定員 :1組
 ※ 募集区画数が定員に達し次第、締め切りますが、定員に達しない場合は、
   募集期間を延長しております。
   ご応募の際は、事前に募集状況をご確認ください。



ガルテナー応募状況(随時更新)

平成29年2月20日(月)時点
 応募件数 :7件(更新含む)
 募集区画数:8区画(残りの区画数:1区画)
 決定件数 :7件 (一次募集における既決定件数 :7件)
 決定区画数:7区画(一次募集における既決定区画数:7区画)
 ※ 決定件数等は、見込を含みます。


ラウベ使用料

【平成29年度 ラウベ使用料】
 
年間400,000円/1区画

【平成29年度 共益費】
 
年間62,400円/1区画
 ※使用料及び共益費は、原則として契約日から30日以内に前納していただきます。
  また、年の途中から契約の場合は月割で計算します。
 ※共益費は、ラウベの合併浄化槽(汚水・雑排水処理設備)、共有スペース(共同農機具置場、駐車場等)、共同農機具等の維持管理費等に充てています。

【その他費用】
 ラウベに係る電気代、水道料金、ガス代等の光熱水費及び滞在に要する諸費用は全て自己負担となります。また、交流イベントや各種体験イベント参加時に参加料が発生する場合があります。

ラウベ使用期間(契約期間)

平成29年4月1日~平成30年3月31日までの1年間
※最初に契約した年を含め3年間使用可能(募集期間中に
 更新申請が必要)。
IMG_20160730_175259

応募方法

募集要項(H29年度募集要項(pdf 1,748kb))を必ずご確認いただいたうえで、必要事項をご記入いただき、応募書類一式を期日までにご提出ください(郵送可)。なお、様式第1号及び別紙添付書類1については、以下よりダウンロードできます。
【応募書類】
・御代田町滞在型農園施設クラインガルテン使用許可申請書(様式第1号(doc 35kb))
・御代田町滞在型農園施設使用希望区画申込書(別紙添付書類1(doc 32kb))
・応募動機(任意の書式に800字程度で記述してください) (別紙添付書類2)
・使用予定者全員の住民票(申請年月日の直近1ヵ月以内に交付されたもの) (別紙添付書類3)
・納税証明書(納付すべき税額及び未納税額等の証明…使用予定世帯毎に必要)(別紙添付書類4)
【提出先】
〒389-0292
長野県北佐久郡御代田町大字御代田2464-2
御代田町産業経済課農政係

※申請書類を審査し、記載内容に不備のないものについて申請書を受理いたします。

所在地及び交通アクセス

信州みよたクラインガルテン大星の杜・面替
〒389-0205
長野県北佐久郡御代田町大字面替599-1


・上信越自動車道佐久インターチェンジより (車約15分)
・上信越自動車道佐久平スマートインターチェンジ (車約10分)
・しなの鉄道御代田駅より (車約10分)
・北陸新幹線佐久平駅より (車約20分)
・佐久スキーガーデンパラダ(北パラダ)より (車約3分)

この件に関する問い合わせは

産業経済課 農政係
電話番号: 0267-32-3111(内線27・64)
電話番号: 0267-32-3113(直通)
FAX番号: 0267-32-3929

ダウンロード

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Reader が必要です。
ご覧頂けない場合は、必要に応じて左のバナーをクリックしてダウンロードしてください。(無償 / 外部リンク)

【免責事項】
ダウンロードしたコンテンツを使用することによって生じるいかなる損害・不利益に対し、御代田町では一切の責任を負いません。
※表示先サイトの利用規約をご一読ください。 ※ダウンロード及びインストールは自己責任において行ってください。 ※表示先のサイトにおいて「オプションのプログラム」が不要な場合はチェックを外し、Adobe Readerのみをインストールしてください。