• PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle

6.介護保険のサービス

介護サービス(要介護1~5の方)

居宅サービス

訪問介護

(ホームヘルプサービス)

ホームヘルパーに自宅を訪問してもらい、身体介護(食事・入浴・排泄のお世話・衣類やシーツ交換など)や生活援助(掃除・洗濯・買物・調理など)を受けます。

訪問入浴

自宅に浴槽を持ち込んでもらい、入浴の介助を受けます。

訪問リハビリテーション

リハビリの専門家に訪問してもらい、自宅でリハビリを受けます。

居宅療養管理指導

医師、歯科医師、薬剤師、歯科衛生士などに訪問してもらい、薬の飲み方、食事など療養上の管理・指導を受けます。

訪問看護

看護師などに訪問してもらい、床ずれの手当や点滴の管理をしてもらいます。

通所介護(デイサービス)

デイサービスセンターで、食事・入浴などの介護や機能訓練が日帰りで受けられます。

通所リハビリテーション

介護老人保健施設や病院・診療所で、日帰りの機能訓練などが受けられます。

短期入所生活介護

(ショートステイ)

特別養護老人ホームなどに短期間入所して、食事・入浴などの介護や機能訓練が受けられます。

短期入所療養介護

(医療型ショートステイ)

介護老人保健施設などに短期入所して、医療によるケアや介護、機能訓練などが受けられます。

特定施設入所者生活介護

該当する有料老人ホームなどに入所している方が受けるサービスです。食事・入浴などの介護や機能訓練が受けられます。

施設サービス

介護老人福祉施設

(特別養護老人ホーム)

常に介護が必要で、自宅では介護が出来ない方が対象の施設です。

食事・入浴などの日常生活の介護や健康管理が受けられます。

介護老人保健施設

病状が安定し、リハビリに重点を置いた介護が必要な方が対象の施設です。医学的な管理のもとで介護や看護、リハビリが受けられます。

介護療養型医療施設

急性期の治療が終わり、病状は安定しているものの、長期間にわたり療養が必要な方が対象の施設です。介護体制が整った医療施設(病院)で、医療や看護などが受けられます。

介護予防サービス(要支援1・2)

介護予防訪問入浴介護

浴室がない場合や、浴室の利用が難しい場合に、入浴のお手伝いのサービスが受けられます。

介護予防訪問リハビリテーション

専門家に訪問してもらい、利用者が自分で行える体操やリバビリなどの指導を受けます。

介護予防居宅療養管理指導

医師、歯科医師、薬剤師、歯科衛生士などに訪問してもらい、薬の飲み方、食事など療養上の管理・指導を受けます。

介護予防訪問看護

看護師などに訪問してもらい、介護予防を目的とした療養上のお世話や必要な診療の補助などを受けます。

介護予防通所リハビリテーション

介護老人保健施設や病院・診療所で、介護予防を目的とした生活機能向上の維持向上のための機能訓練などが日帰りで受けられます。

介護予防短期入所生活介護

特別養護老人ホームなどに短期間入所して、食事・入浴などのサービスや生活機能向上の維持向上のための機能訓練が受けられます。

介護予防短期入所療養介護

介護老人保健施設などに短期入所して、医療や介護、生活機能向上の維持向上のための機能訓練が受けられます。

介護予防

   特定施設入所者生活介護

該当する有料老人ホームなどに入所している方が受けるサービスです。食事・入浴などや生活機能向上の維持向上のための機能訓練が受けられます。

地域密着型サービス(要介護1~5 及び 要支援1・2) ~住み慣れた地域で受けるサービス~

認知症対応型通所介護

(介護予防認知症対応型通所介護)

認知症と診断された高齢者が食事・入浴などの介護や支援、機能訓練を日帰りで受けられます。

認知症対応型共同生活介護

(介護予防認知症対応型共同生活介護)

 【グループホーム】

認知症と診断された高齢者が共同で生活できる場所(住居)で食事・入浴などの介護や支援、機能訓練が受けられます。ただし、要支援1は利用できません。

小規模多機能型居宅介護

(介護予防小規模多機能型居宅介護)

小規模な住居型の施設への「通い」を中心に、自宅に来てもらう「訪問」施設に「泊まる」サービスが柔軟に受けられます。

現在御代田町には施設は存在しません。第6期中(平成29年度まで)に整備予定でしたが、次期計画策定にて現在検討中です。

福祉用具貸与・購入、住宅改修(要介護1~5 及び 要支援1・2) ~生活環境を整えるサービス~

福祉用具貸与

(介護予防福祉用具貸与)

自立した生活を送るために福祉用具(工事を伴わない手すり・スロープ、歩行器、車椅子、特殊寝台など)を借りることができます。ただし、要支援・要介護度によって対象とならない用具もあります。

特定福祉用具購入

(特定介護予防福祉用具購入)

トイレ・入浴関連の福祉用具を購入することができます。ただし、事前に申請が必要です。

居宅介護住宅改修

(介護予防住宅改修)

より安全な生活が送れるよう、小規模な住宅改修(手すり設置、段差解消、扉の変更などの工事)費が支給されます。ただし、事前に申請が必要です。

介護予防・日常生活支援サービス(要支援1・2 及び 基本チェックリスト該当者)   新規事業

訪問介護

(以前の介護予防訪問介護)

ホームヘルパーに訪問してもらい、身体介護を含む生活援助をいっしょに行い、利用者が出来ることが増えるよう支援してもらいます。

訪問型サービスA

(緩和した基準によるサービス)

ホームヘルパーに訪問してもらい、身体介護を除く生活援助をいっしょに行い、利用者が出来ることが増えるよう支援してもらいます。

訪問型サービスB

(住民主体によるサービス)

住民主体の団体などに訪問してもらい、身体介護を除く生活援助をいっしょに行い、利用者が出来ることが増えるよう支援してもらいます。

訪問型サービスC
(短期集中予防サービス)
保健師等による居宅での相談指導等
訪問型サービスD
(付添支援)
通院・買物などの付添支援

通所介護

(以前の介護予防通所介護)

デイサービスセンターで、入浴を含む、生活機能の維持向上のための体操や筋力トレーニングなどが日帰りで受けられます。

通所型サービスA

(緩和した基準によるサービス)

デイサービスセンターで、入浴を除く、生活機能の維持向上のための体操や筋力トレーニングなどが日帰りで受けられます。

通所型サービスB

(住民主体によるサービス)

各地域の集会施設で、住民主体の団体などにより、生活機能の維持向上のための体操や脳トレーニングなどが日帰りで受けられます。

通所型サービスC

(短期集中予防サービス)

理学療法士などの専門職による、運動器の機能向上や栄養改善などの、生活機能の維持向上のための体操や筋力トレーニングなどが日帰りで受けられます。

配食サービス

栄養バランスのとれた昼食と夕食を提供し、安否を確認します。

総合事業のお知らせ(pdf 693kb)

一般介護予防事業

介護予防教室

介護予防の基本的な知識や方法を様々な分野の講師の講演や実践を通して学びます。

生活・介護支援サポーター養成講座

地域の高齢者の個別の生活ニーズに応える仕組みを安定的、継続的に構築するため、住民主体サービス(介護予防サービスB)等の担い手として生活・介護支援サポーターを養成し、地域で高齢者の生活を支えるシステムを構築する事を目的としています。

認知症サポーター養成講座

養成研修を受けたキャラバンメイト(町内67名登録)が講師となり認知症に対する理解や見守りの体制の構築のため、認知症サポーター養成講座を開催。

職場や団体の集まりなど依頼があれば対応します!

ボランティアポイント制度

(高齢者支え合いポイント)

高齢者を主とする分野でボランティア活動する者に、ポイントを付与し、これに応じた報酬を受ける制度です。

これにより、健康増進や介護予防、生きがいづくりの効果を期待します。

健脚度測定事業

各地域の集会施設に出向き、日常生活の中で行っている脚を中心とした移動能力・バランス能力を測定し、個々の身体機能に応じた運動習慣の定着を促進する支援を行います。

健脚度が低い方や歩行時に痛みを伴う方には、理学療法士による訪問リハビリも行います。

チェックリスト配布事業

介護予防の必要な高齢者を判断するため、70歳以上の高齢者を

対象に実態把握を行います。併せて、介護予防啓発のチラシを送付し、普及啓発を図ります。

任意事業

緊急通報サービス

自宅電話に緊急通報装置を設置し、装置のボタンを押すと安心センター(業務委託先)に繋がり、24時間365日緊急時の対応や日常の健康・生活相談業務を行います。

配食サービス

介護予防・生活支援サービス対象者以外の方に、安否確認を兼ね、栄養バランスのとれた昼食と夕食を提供します。

この件に関する問い合わせは

保健福祉課 介護高齢係
電話番号: 0267-31-2512
FAX番号: 0267-31-2511

ダウンロード

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Reader が必要です。
ご覧頂けない場合は、必要に応じて左のバナーをクリックしてダウンロードしてください。(無償 / 外部リンク)

【免責事項】
ダウンロードしたコンテンツを使用することによって生じるいかなる損害・不利益に対し、御代田町では一切の責任を負いません。
※表示先サイトの利用規約をご一読ください。 ※ダウンロード及びインストールは自己責任において行ってください。 ※表示先のサイトにおいて「オプションのプログラム」が不要な場合はチェックを外し、Adobe Readerのみをインストールしてください。