• PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle
  • PhotoTitle

御代田町のふるさと納税にご協力いただきありがとうございます

 
 ふるさと納税制度とは
 
 ふるさと納税制度とは、新たに税を納めるものではなく、「かつて住んでいたふるさと」や「親族が住んでいたふるさと」、「お世話になったふるさと」、「これから応援したいふるさと」など思い入れのある自治体“ふるさと”へ寄附を行い、寄附を行った方の申告により、所得税およびお住まいの市区町村へ納める住民税から寄附金分を差し引くものです。
 所得税は寄附を行った年分の所得税から控除され、住民税は寄附を行った年の翌年分の住民税から控除されます。


  ふるさと納税の実績

平成27年9月からふるさと納税お礼品事業を開始し、平成28年度のふるさと納税(寄附)額は、1,644 名の方より、 63,465,000 円のご寄附をいただきました。
 平成29年度ふるさと納税活用事業に大切に使わせていただきます。


  平成29年度ふるさと納税活用事業メニュー
   ふるさと納税活用事業メニュー平成28年度
寄附金額
  • やまゆりの咲くふるさとの観光資源活用事業
2,492,000円
  • まっすぐ伸びろ!健やか子育て事業
2,213,000円
  • 可能性を信じ、夢をあきらめず挑戦する障がい者の方を応援する事業
2,862,000円
  • 目指せ生涯現役!健康寿命の延伸でいきいき高齢世代
1,713,000円
  • 子どもたちのための本とのであい支援事業
4,941,000円
  • ふるさとの次代を担う青少年育成事業
3,758,500円
  • ふるさと文化遺産の継承事業
2,146,000円
  • そばでよみがえる耕作放棄地活用事業
1,065,500円
  • 町長の判断する事業におまかせ
42,274,000円
            計63,465,000円
 
 町外在住のご家族・ご友人にもお知らせください

 皆さまからいただきました寄附金は、御代田町のめざす都市像「歴史と伝統を守り真の自立を目指す 文化・高原公園都市 御代田」の実現に向け、ご要望のメニューに沿った各種事業・施策の貴重な財源として活用させていただきます。
今後とも、皆さまからの温かい思いをお寄せいただきますようお願いいたします。                                    


         

 ふるさと納税を活用した事業の一部をご紹介します。

  ふるさとの次代を担う青少年育成事業


写真1写真2



 こどもを主役として、幼児から中学生を対象とした青少年育成事業を実施しました。内容は、地域の自然を教材として野外活動を行う「こども自然探検隊」、農業を通じて食べ物の大切さを学び農業者と交流を行う「なんでも体験隊」、小、中学生間の交流もありその中で音楽を楽しむ「合唱団つばさ」などの事業です。
 こどもたちは様々な体験を通じて、自然が与える力、人と人とのふれあい、コミュニケーションを図ることの大切さをあらためて実感していました。


  子どもたちのための本とのであい支援事業

写真(本1)

 町内の幼稚園、保育園、児童館の8施設で絵本や本を購入し、「本とのであい支援事業」に使わせていただきました。
絵本や本はこどもたちに大変人気です。
 心が育つ重要な乳幼児時期に多くの絵本や童話と出会う機会を与え、豊かな想像力の伝達が培われ、こどもたちが健やかに育つことを望み実施しています。

この件に関する問い合わせは

企画財政課 企画係
電話番号: 0267-32-3111(内線53・54)
電話番号: 0267-32-3112(直通)
FAX番号: 0267-32-3929